契約店でどれものクレカが使えるわけではありません。:カード会社の加盟店舗はおおむね、二、三以上のクレジットカード会社と契約していますがちょっと不便ですがショップでどれものサービスの切れるわけでもありません。一例をあげると昔ながらのお店の場合だとJCBマークの付いているクレジットカードしか決済不可な場合もありますし新しい契約店舗の場合だとVISAやマスターカードといったロゴのついたやつしか決済不可なときもあります。ディスカバーに類するクレジットカード会社だったらもっともっと使用不可なショップが増えると思います。どのブランドの所有カードが使えるかどこで確かめたらいいんだろう「だったらいかにしてどの印の所有クレカが切れるかを見たらいいのか?」といっても本当のところを判断するのには商店の方にお見せしてみるのみ、というのが実は正しい答えです。だが大体の店舗やレストランにはその入口のところとかに切れるクレジットカードのサインがプリントされている認証ステッカーが貼り付けられているので「そうなんだ、ここのレストランではMasterCardが使用可能なのね」ということが迷わないようになっているので留意しておいていただけるとよいと思います。しかしながら、細かく契約管理が出来ていない加入店舗で使うときには、ロゴマークが掲げられているお店でも「うちでは何々カードはご使用になれません」なんて返答を受けてしまうなどということもあるため、困惑してしまうこともなくもないです。贅沢をいえばできる限りは全部のショップで決済できるようにする目的を考えると、もう一つの会社(国際印)がある一般的なビザカードマスターカードライフカード、等のクレカを複数枚携帯するようにするとよいと思います(例として:ライフカードをすでに持っているならもう一方はダイナースカードがついているクレジットカードを携帯するようにする等)。特に日本では、VISA、MasterCard、JCBの3つの印が入っているクレカをその都度持っておけばおおよそほとんどの契約店で3枚のうち少なくとも1枚のカードを渡すよう準備できていることになります。クレカを使いこなして日常的にカードライフを続けていくにはしっかりと万能に対応できるクレカを財布に忍ばせておいていただきたいと思います。