FX(外国為替証拠金取引)においては取引所取引という場所がございます。日常的のFX業者と取引を実行することを「店頭取引」と言いますがこの取引に関しては取引所を通さないで売り買いの相手は外国為替証拠金取引(FX)業者になります。「取引所取引」という所はFX業者はあくまでも橋渡しあって率直の取引目標は取引所になっています。この相違をここで少し比較してみます。まず初めに「店頭取引」の際は預けておるお金はFX業者に統括されています。ところで「取引所取引」のケース、その証拠金は全金額取引所に預託しないとならないと義務づけられております。そうすることによってもし外為(FX)業者が倒産するような事柄が例えあったとしても、取引所取引は取引所によってお金は全金額守護されることになっています。前者の場面はFX企業が統括しているから、景況によっては会社破産のあおりの傷を受けて預金していたお金は防衛されずなのかもという可能性があります。加えて税金面からも2つには条件に違いが存在します。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ利息などを雑所得として報酬と加算して報告をしなければいけません。ところが確定申告しなくても良い機会もありますので我に合致するのかしないのかしっかりと確認してください。もしアナタが勤労者でサラリー2000万円以下、給与の所得を除いた利益が二十万円以下(複数の会社から給与所得が無いということ)というようなのような条件を満たしている状態でいるなら特別のケースとして確定申告はしなくてよいのです。外為(FX)利潤が二十万円以上際は確定申告をするようにして下さい。税金の度合いは収益に反応して5〜40パーセントの6段階に振り分けられており、稼ぎが高いようであればタックスも高くなります。「取引所取引」においては、収益がそれ以外の利益とは別で考えておいて「申告分離課税」の的になってしまうでしょう。税の割合は全て同じ20%となるのですが、損失が断定されたならば「取引所取引」の得策として損失分を翌年以降に先送りすることが可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより安価なタックスになるケースもありますのでふまえて研究していった方が良いでしょう。未経験者の場合、ジャスダック株価の変動や円の動きに日々配慮し、利潤やマイナス分にスリリングな事によって、税金についての問題を忘れたかのようになることもあるので要注意です。欠損分は困るのですが、実収が増加すれば税金も値上がりするので気を配るのと意識が重大になってきます。