任意整理という言葉は債務の整理というふうに言われていて、それぞれ債権を持つものに返済を行っていくことを選択する借金を整理する選択肢なのです。一般的な手続きでは司法書士の資格を持つものとか弁護士事務所お金の貸し手と借り手の中に立って法律によって利息の再適用を行い一から計算した借りているお金の元金について借入利息を少なくすることによって3年くらいの期日をめどに返済していく借金整理の方法です。この手順を踏む場合は警察といった公の機関が関与することがないためそれ以外の方策と比べた場合でも手続きを行ったときの不利な点が最も少なく、手続きそのものも依頼者にそれほど圧力になることがないので、まず最初に比較検討してもらいたい手順ということになります。さらに、お金の貸し手がサラリーマン金融といったようなとても高い利子の場合、利息を制限した法律で決められている利子を超過して払い込んだ金利に関しては元金に充てられるとして元金自体を少なくしてしまうことだって可能です。なので、サラリーマン金融に類する大変高額な利子のところへ長期間返済し続けているケースだとかなりの支払額をカットすることができるような場合もありますし10年以上続けて返済してきた場合だと負債自体が消化されてしまうこともないとは言えません。債務の整理のポイントは、破産とは違い一部の負債のみを整理していくことができるため他に保証人が付いている借入以外だけを整理する際や住宅ローンの分を別として検討する際等においてでも適用することが可能ですし全ての財産を手放す必要がないため投資信託やマンションなどの自分名義の資産を持っているけれど、手放してしまいたくない場合においても活用可能な債務整理の手順といえます。しかし、手順を踏んだ後の返済に必要となる額と実現可能な所得額を比較して、返済の計画を立てられるようであれば方法を選択するほうが良いですが、破産宣告と違って負債そのものが消滅するというわけではありませんので、借金の総額がかなりになる場合には、実際的には任意整理による方法を取るのは困難だということになります。